長野県伊那市の建築設計事務所です。伊那市を拠点に住宅設計をしております。

伊那市、箕輪町、南箕輪村、辰野町、駒ヶ根市、宮田村、松本市、安曇野市、塩尻市、諏訪市、岡谷市、茅野市をメインに、《住宅のデザイン・設計監理》を得意としております伊那市の設計事務所です。

アトリエ15

ご相談無料 午前9時~午後5時まで  0265-98-6775

            メールお問合せ

上 棟 式

上棟式は、新築を祝福し、職人をねぎらい、工事の無事完成を祈願する儀式です。

式の次第

1、棟梁が棟木に幣束を立て破魔矢を飾る。

2、建物の四隅に酒・塩・米をまいて清め上棟の儀を行う。

3、棟梁による祝詞奏上。

4、上棟の儀の後、施主のあいさつ。お開き。

イメージ

お施主様が用意するもの

海の幸
魚(尾かしら付き鯛)
1匹 40~50㎝くらい
乾物(昆布、スルメなど)
山の幸
野菜
大根、人参、ジャガイモなど2~3種類くらい
果物
りんご、ぶどう、バナナなど2~3種類くらい
1合(小皿にのせる)
清酒
1升
1合(小皿にのせる)
1合

イメージ

上棟式の服装について

当日のお施主様の服装は、特に決まりはありません。普段着で構いません。

上棟式について

1、上棟式の後、直会(なおらい)は必要ですか?
    ⇒昔は、上棟式が終わった後、感謝の気持ちをこめ直会をしましたが、
      最近は、運転される方がほとんどのためか直会は省略される傾向です。
      お昼に折詰弁当(1000円~1500円)とお茶(ペットボトル)程度に
      される方が多いです。
      それ以外に持ち帰り用のお酒、又は菓子折りなど用意されていれば、
      喜ばれると思います。

2、ご祝儀は誰にどのくらい用意すればいいですか?
    ⇒金額によって今後の対応が変わることはありませんが、
     これから世話になる気持ちとして考えていただければと思います。
     地域性もありますが、棟梁には、2~3万円程度。
     その他の関係者には、5千円程度です。

3、お施主挨拶の内容は?
    ⇒上棟を迎えられた感謝の気持ち、工事の安全、良い家ができることへの
     期待など簡単で結構です。

LinkIcon家づくりに戻る  LinkIconQ&Aに戻る  ▲ ページトップへ